2013年5月13日月曜日

【経済成長分析評価】研究成果

●招聘講演など
1     楡井誠(一橋大学)27年度プログラム全体会議「科学技術イノベーション政策の経済成長分析・評価」クロスウェーブ府中、2015925日。 
2     楡井誠(一橋大学)「経済学で考える科学技術イノベーション政策の効果」第8Scirexセミナー,霞が関ナレッジスクエア、201599日。
3     楡井誠(一橋大学)「イノベーション税制へのマクロ経済の視点」、イノベーションを促進する税制に関する研究会、文部科学省、201532日。
4     楡井誠(一橋大学)科学技術イノベーション政策の経済社会効果分析に関するラウンドテーブル、文部科学省、2015213日。
5     楡井誠(一橋大学) 26年度プログラム全体会議「科学技術イノベーション政策の経済成長分析・評価」クロスウェーブ府中、201527日。
6     田村正興, “Margin Rate Rule: A New Drug Pricing Policy in Japan,”日本政策投資銀行設備投資研究所ワークショップ(日本政策投資銀行設備投資研究所、東京都), 20145.
7     青木周平(一橋大学)「研究資源の配分と論文生産性の分析」, データ・情報基盤の活用に関するワークショップ~政策形成を支えるエビデンスの充実に向けて~(文部科学省 科学技術・学術政策研究所, 東京都), 2014220.
8     楡井誠(一橋大学)「科学技術イノベーション政策のための科学として「経済学」に何を期待できるのか?」第5回プログラムサロン、JST東京本部別館、2014122
9     楡井誠(一橋大学)「科学技術イノベーション政策の経済成長分析評価プロジェクト」、第2回政策デザインワークショップ、2013425日。
10   青木周平、24年度プログラム全体会議「科学技術イノベーション政策の経済成長分析・評価」クロスウェーブ府中、201322日。
 
●論文発表
査読付き
1     Oikawa, K. (2015), R&D in clean technology: a project choice model with learning, Journal of Economic Behavior and Organization Volume 117, 2015, pp.175-195.
2     Nirei, M. (2015), An Interaction-based Foundation of Aggregate Investment Fluctuations," Theoretical Economics, Vol.10, pp.953-985.
3     Murata, Y., R. Nakajima, R. Okamoto and R. Tamura (2014), Localized knowledge spillovers and patent citations: A distance-based approach, The Review of Economics and Statistics, Vol.96, No. 5, Pages 967-985.
4     Kawaguchi, D., T. Murao, and R. Kambayashi (2014),Incidence of Strict Quality Standards:  Protection of Consumers or Windfall for Professionals?, Journal of Law and Economics, 57(2), pp.195-224.
5     Murao, T. (2014), Firm Size Distribution in Oblivious Equilibrium Model with Quality Ladder, Advances in Intelligent Systems and Computing, 290, pp.99-106.
6     Oikawa, K. (2013), Cyclical Behavior of Firm-level Volatility: An Explanation for the Contrast between the United States and Japan, Journal of Macroeconomics, 38, pp.452464.
 
●査読なし
1     外木暁幸(2015)『R&D投資を導入した一般均衡動学モデルによる日本の経済成長分析』一橋大学イノベーション研究センターワーキングペーパー#15-22. http://pubs.iir.hit-u.ac.jp/admin/ja/pdfs/show/1903
2     Oikawa, K. and K. Ueda (2015), The Optimal Inflation Rate under Schumpeterian Growth, CAMA WP#2015-14.
3     Oikawa, K. and K. Ueda (2015), State-Dependent Pricing, Firm Entry and Exit, and Non-Neutrality of Money, CAMA WP#2015-03.
4     赤池伸一,青島矢一, 楡井誠 (2014), 「イノベーション政策と政策形成」, 政策研究大学院大学編『平成 25 年度文部科学省委託事業「科学技術イノベーション政策における「政策のため の科学」の推進に向けた試行的実践」調査研究結果』, 42, pp.275-290.
5     外木暁幸 (2014), 「大規模 POS データの実証分析とフィリップス曲線への含意」, 『日本経済研究』, No.71, pp.1-24.
6     外木暁幸, 北岡美智代, 小林裕子 (2014),R&D 資本投資の四半期及び確報推計手法の研究」, 『季刊 国民経済計算』,153,pp.91-113.
7     Tamura,M. (2014), Margin Rate Rule : A New Pharmaceutical Price Control Policy, IIR Working Paper, WP#14-03.
8     Aoki, S. and M. Kimura (2014), Allocation of Research Resources and Publication Productivity in Japan: A Growth Accounting Approach, IIR Working Paper, WP#13-24. URL: http://pubs.iir.hit-u.ac.jp/admin/ja/pdfs/show/1665
9     楡井誠 (2013)「『科学技術イノベーション政策の科学』と経済理論:研究の概要と方向性」, 『研究技術計画』, 27(3/4), pp.156-170.
10   赤池伸一, 藤田健一, 外木暁幸, 花田真一 (2013), 「科学技術イノベーション政策のマクロ 経済政策体系への導入に関する調査研究」, 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 調査資料, No. 226.
11   宮澤健介(2013),「高度経済成長と学校資本蓄積」,『日本労働研究雑誌』, 634, pp.22-39
 
●学会発表
口頭発表
1     楡井誠(一橋大学)“Management of Science, Serendipity, and Research Performance: Evidence from a Survey of Scientists in Japan and the U.S. (with Kota Murayama and Hiroshi Shimizu)、日本経済学会2015年度春季大会、新潟大学、2015523
2     楡井誠(一橋大学)“Structural Linkage between Academic Fields and Industrial Classification: Analysis of Non-Patent Citations (with Masahiro Oroku), 5th Asia Pacific Innovation Conference, The University of Technology, Sydney20141129日。
3     楡井誠(一橋大学)“Shock propagation via banks syndicated interconnectedness (with Julian Caballero and Vladyslav Sushko), Asia-Pacific Innovation Conference, National Taiwan University2013126日。
4     楡井誠(一橋大学)Comments on Assessing Level-targeting Rule with Real-time Forecast Data by Hess Chung at U.S. Federal Reserve Board, 5th ESRI-CEPREMAP Workshop2013219日。
5     外木暁幸(一橋大学)"Economic Growth Analysis on Japan in Dynamic General Equilibrium Model with R&D", 明治大学経済学コンファレンス, 明治大学、201534
6     外木暁幸(一橋大学)"Economic Growth Analysis on Japan in Dynamic General Equilibrium Model with R&D and Human Capital", イノベーションセミナー、一橋大学、201498日。
7     外木暁幸(一橋大学)"Economic Growth Analysis on Japan in Dynamic General Equilibrium Model with R&D and Human Capital", Asia-Pacific Innovation Conference 2013 in National Taiwan University. 2013127 日。
8     青木周平(一橋大学)Allocation of Research Resources and Publication Productivity in Japan: A Growth Accounting Approach, 日本経済学会2014年度春季大会 (同志社大学, 京都府), 2014615
9     青木周平(一橋大学)“Allocation of Research Resources and Publication Productivity in Japan: A Growth Accounting Approach, マクロ金融ワークショップ (一橋大学, 東京都), 2014114.
10   青木周平(一橋大学), Allocation of Research Resources and Publication Productivity in Japan: A Growth Accounting Approach,”第28回経済理論・政策ワークショップ (首都大学東京, 東京都), 201526.
11   及川浩希(早稲田大学) Technology Polarization, Western Economic Association International Annual Conference (Honolulu), 2015630
12   及川浩希(早稲田大学) Technology Polarization, 日本経済学会(新潟)、2015523日。
13   及川浩希(早稲田大学) The Optimal Rate of Inflation under Schumpeterian Growth, Computation in Economics and Finance (Taipei)2015622.
14   及川浩希(早稲田大学) R&D in clean technology: a project choice model with learning”日本経済学会(福岡)、2012107
15   及川浩希(早稲田大学) Cyclical Behavior of Firm-level Volatility: An Explanation for the Contrast between the United States and Japan, Asian Meetings of the Econometric Society (Delhi)20121221
16   田村正興, “Margin Rate Rule: A New Drug Pricing Policy in Japan, 日本経済学会2014年春季大会(同志社大学、京都府), 20146.
17   村尾徹士,Industry Dynamics with R&D and Firing Costs,日本応用経済学会2014年度春季大会(徳島大学:徳島県徳島市),2014622.
18   村尾徹士, Industry Dynamics with R&D and Firing Costs,日本経済学会2014年度春季大会(同志社大学:京都府京都市),2014615.
19   村尾徹士,Industry Dynamics with R&D and Firing Costs,ポリシー・モデリング・コンファレンス2014(金沢星稜大学:石川県金沢市),2014531.
20   Tetsushi Murao Competition and Growth through Reallocation with Heterogeneous Schumpeterian Effects (co-authored with Makoto Nirei)Royal Economic Society2014 Annual Conference201448.
 
 
●そのほかの成果

田村正興 
PharmaceuticalPricing, Self-Pay Rules, and Cost-Effective Analysis

田村龍一
・The effect of High-speed railways on knowledge flows: Evidence from Japanese patent citations

村尾徹士

OptimalR&D Subsidy Policy with Variable and Fixed Costs
 
Competition and Growth through Reallocationwith Heterogeneous Schumpeterian Effects 


●本研究で作成したデータなど

●サイエンスリンケージ:特許と引用学術論文の接合
●学部・産業別就職者数時系列データ
●内閣府R&D投資ストック化
 
こちらからダウンロードすることができます