2014年4月8日火曜日

研究者プロフィール 岡田吉美

岡田 吉美 (オカダ ヨシミ) 教授


科学技術イノベーションと知的財産制度
1968年生
E-mail: okada☆iir.hit-u.ac.jp (☆を@に変えてください)
Phone: 042-580-8437
Fax: 042-580-8410

【履歴】

1991年    東京大学理学部物理学科卒業
1993年    東京大学大学院理学系研究科修士課程修了(物性物理学)
                    経済産業省特許庁入庁
1997年    特許庁審査官(以降、液晶、LED、レーザ、光ファイバ、太陽電池、
                    カメラ等の光学技術分野の特許出願の審査を担当。)
                    カリフォルニア大学サンタクルーズ校客員研究員(物性物理学)
1999年    特許庁国際課(日米欧三極特許庁協力プロジェクトの事務局を担当。)
2001年    特許庁技術調査課
                    (「産業競争力と知的財産を考える研究会」の事務局等を担当。)
2003年    特許庁調整課
                    (特許審査ハイウェイ制度の企画立案・外国との交渉等を担当。)
2007年    内閣官房知的財産戦略推進事務局
                    (知的財産推進計画の企画立案、
                      知的財産による競争力強化専門調査会、
                      先端医療特許検討委員会、
                      技術分野別知的財産戦略策定のためのプロジェクトチームの
                      事務局等を担当。)
2009年    特許庁審判部審判官(光学の分野を担当)
2013年    特許庁光制御技術担当室長
2014年~   一橋大学イノベーション研究センター教授

【最近取り組んでいるテーマ】

知的財産制度(特に特許制度)がイノベーションに与える影響、その制度変更がイノベーションに与える影響についての実証的な研究を通じて、望ましい知的財産制度の在り方・特許審査のあり方について研究しています。

【論文一覧】   リンクはこちら