2014年7月4日金曜日

EGOS (ヨーロッパ組織学会) にて研究発表を行いました


 2014年7月3日から7月5日まで, EGOS (European Group of Organizational Studies; [ヨーロッパ組織学会]) の第30回年次総会がエラスムス・ロッテルダム大学 (オランダ, ロッテルダム) にて開催されました。







イノベーション研究センターからは、軽部准教授、尾田特任助手および原特任助手が参加し以下の発表を行いました。

1. Masaru Karube, Israel Drori and Hironori Fukukawa
Institutional logics and merger strategies: Historical account of the Japanese audit industry
2. Hajime Oda
Institutionalized lobbying channels: An analysis of public councils and workshops
3. Yasushi Hara
How star scientist make high performance? Empirical study for destructive innovation in pharmaceutical industry


"Institutional logics and merger strategies: Historical account of the Japanese audit industry" by Masaru Karube, Israel Drori and Hironori Fukukawa




(文責・原)