2014年8月28日木曜日

IIRサマースクール2014-7

サマースクールもおわりに近づいてきました。

本日四つ目のセッションは、

イノベーション研究センター特任助手、尾田基さんの発表
「行政ルーティンとしてのイノベーション・アセスメント」

「政策のための科学」らしさあふれる発表でした。



いまは、一橋大学大学院商学研究科博士後期課程の前田高宏さんの発表が行われています。
イノベーション研究センターの長岡先生、内藤研究員との共同研究で、
「特許制度の開示効果:記載要件強化の影響に関する分析」