2018年7月25日水曜日

IIRサマースクール2018-プログラム


■開催日程:2018年8月25日(土)~26日(日)

■場所:一橋大学 佐野書院(東京都国立市中2-17-35)

プログラム(2018/7/25現在) PDFはこちらからダウンロードできます
   
August 25        Language: English
•Opening: 10:00-10:15: Yaichi Aoshima

Session1: (Chair: Kan)
•10:15-10:55: Ivar Padrón-Hernández “Institutionally derived enablers, rationales and tactics of MNC subsidiary strategic influence”
•10:55-11:35: ElHassan ElSabry “Can philanthropy compensate for the decline in public research funding? Analyzing research funded by members of the Science Philanthropy Alliance”
•11:35-12:15: Evan W. Lauteria “TBA”

Lunch: 12:15-13:10

Session 2: (Chair: Nakajima)
•13:10-13:50: Maria Vasileva Ilieva & Jin-ichiro Yamada “BoD Decision-making Process for Renovation after a Prolonged Fraud: Olympus case study“
•13:50-14:30: Yin Deyun “Organizational and Geographical Mobility of Chinese Inventors: Patterns and Impact”

Session 3: (Chair: Ohyama)
•14:30-15:10: Nana Weng “Analysis on Depth and Breadth of Research and Development (R&D) Units or Centers in Developing Countries: Evidence from Japanese Multinational Companies in Southeast Asian”
•15:10-15:50: Daisuke Uchida “TBA”

Session 4: (Chair: Shimizu)
•16:00-16:40: Chirantan Chatterjee “When the Big One Came: A Natural Experiment on Demand Shocks and Market Structure in India’s Influenza Vaccine Markets”

Guest Speaker
•16:40-17:40: Hiroyuki Odagiri “Innovation and Competition Policy with Applications to Japanese Cases”



8月26日        Language: Japanese

Session 1:(司会: 軽部)
•9:30-10:10: 酒井 健「相対主義を超えて: 経営学におけるオープンエンドの歴史研究の探求」
•10:10-10:50: 伊藤 嘉浩「大企業における資源獲得のための正当化を利用した組織間の新規事業開発:成功と失敗の事例」

Session 2:(司会: 和泉)
•11:00-11:40: 高橋 昌弘「ベンチャー企業のイノベーションにおける外部資源活用有効性の実証分析:下町のインキュベーション施設を事例として」
•11:40-12:20: 山田 愛「高等教育における学生の研究生産性に関する実証研究:教員のアカデミックオリジンおよびキャリアパスの影響」

Lunch: 12:20-13:20

Session 3:(司会: 江藤)
•13:20-14:00: 黄 巍「継続的な製品開発における効果的なマネジメント:オンラインゲーム産業の事例研究」
•14:00-14:40: 伊藤 智明・伊達 洋駆「企業家認識論序説:レジリエンスに着目して」
•14:40-15:20: 吉岡(小林)徹「技術のスピルオーバーからの再学習:そのメカニズムについての探索的研究」

Session 4:(司会: 青島)
•15:30-16:10: 生稲 史彦「現場管理におけるデジタル・データの活用:富士通のフィールド・イノベーション事業の事例分析」
•16:10-16:50: 六田 充輝「クラレPA9Tの成功と、特許情報を用いたネットワーク分析による組織分析」
•16:50-17:30: 長内 厚「TBA」